羽毛ふとん仕立替え

  • 羽毛ふとん仕立替え
  • 羽毛ふとん仕立替え
  • 羽毛ふとん仕立替え
  • 羽毛ふとん仕立替え
  • 羽毛ふとん仕立替え

羽毛ふとん仕立替えされる理由

父親が長年使っていた羽毛ふとんを処分した方が良いか仕立替え出来るのかご相談のお電話を頂きました。
他に和布団も管理しやすい様に整理をしていきたいとご要望がありました。

お預かり情報

16年前に当店で仕立替えして頂いており、シングルロング(150*210)の羽毛ふとんでした。
側生地は、綿100%立体キルト20マス、汚れは襟元だけ破れ、へたり無し、細目なお手入れをして頂いたと感じました。

羽毛診断

充填量1.5㎏
中身の状態は16年使用されてるとは思えない位良い状態で、毛束が1本1本ふぁっと開いてしっかりとしていました。
ダウンとダウンの絡みは少し見受けられたが、ちぎれた羽毛も(機械に入れるとごみとして判別)少なく感じました。
「整理をしていきたい」と言うご要望がありましたので洗浄コースをお勧めしました。

ご提案

ボリュームを100g減らしますが、マス目を20マス⇒30マスに変更する事で肌沿いの良い(体に密着しやすい)仕上りで保温性変わないので1.4㎏の仕上げにしましょうか。
側生地は前回より軽くて、柔らかい優しい仕上がりになるようにご提案させて頂きました。

仕上り

羽毛の状態が良かったので出来上がり100g減らしましたが、丁度良いのボリュームで扱いのし易いに仕上がりました。

お悩みから納品事例を見る

木綿ふとん仕立かえのお悩み

羽毛ふとん仕立かえのお悩み

貸しふとんのお悩み

インテリアのお悩み

電話0771-23-6701

メールフォーム

かごを見る

このページの先頭へ